ターゲットマーケティング徹底解説!広告活用の効果や有効性をご紹介

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

有効なマーケティング手法のひとつとして「ターゲットマーケティング」があります。ターゲットを絞り込むことにより、高い効果を生む効率的で魅力的なマーケティング手法です。

今回の記事ではターゲットマーケティングの有効性や効果、方法について解説します。より効率的に売上アップをしたいという方はぜひ参考にしてください。

【目次】
▼ターゲットマーケティングとは
▼ターゲットマーケティングで成果を出すコツ

▼ターゲットマーケティング失敗の原因とは?



ターゲットマーケティングとは

ターゲットマーケティングとは、ニーズのあるターゲットに対して集中的にマーケティングを行うことです。
売上を上げるためには、対象の商品やサービスへのニーズを持つターゲット層に対して販売促進活動を行う必要があります。ターゲットマーケティングでは、マスマーケティングを行うのではなく、商品やサービスへのニーズがある生活者に対して集中的に狭く深いアプローチを行っていきます。
 

ターゲットマーケティングの有効性とは

ターゲットマーケティングの有効性とは、広告宣伝活動を最適化させられることです。
広告宣伝活動は商品やサービスを販売するために欠かせないことですが、ターゲットが変われば広告の内容や方法も変わります。

「効果的な広告」とは、対象の商品やサービスに対して潜在的なニーズを持っている方に対して、購入することでニーズを満たせると思ってもらえるアプローチのことです。ターゲットに則した宣伝を行うことは、効率の良い販売活動にも繋がります。

生活者の心に響かせるためには、ターゲットを設定し、ターゲットのニーズを満たせる商品・サービスであることを打ち出さなくてはなりません。ターゲットマーケティングは、販売の要となる広告宣伝活動の効率をあげるために重要となります。
 

ターゲットマーケティングで得られる効果

ターゲットを絞り込んだマーケティングで得られる効果として、主に次の3つが挙げられます。
 

ターゲットを絞り込んだことによる効果的な広告宣伝ができる

ターゲットマーケティングを行うことで、明確に設定したターゲットに対して親和性の高い表現や心に刺さるクリエイティブ表現ができ、効果的な広告宣伝を行うことができます。

例えば、屋内で快適に過ごせる靴製品を扱う会社があるとします。
「会社員女性」よりも、「会社員で事務職をしている女性」をターゲットにすることで、社内で使うシーンでの訴求や、社内(屋内)だからこそ活かされる靴の機能やメリットを訴求することができます。

このように、ターゲットを絞り込んでマーケティングを行うことによって、より生活者の心に刺さる形で自社の強みを打ち出しやすく、競合他社よりも記憶に残るような広告宣伝にできるかもしれません。

獲得単価を最小限におさえる

獲得単価を最小限におさえられることも、ターゲットマーケティングの効果のひとつです。
ターゲットを絞り込めば、投下した広告費に対して得られる顧客の獲得単価が下がる可能性があります。

広告を出稿する中で、時にはターゲット層の比較テストも実施しながら、よりニーズの高い生活者のみなさまを見つけていきましょう。

商品やサービスのニーズがある生活者だけにプロモーションを絞り込むことにより、採算が合わなくなることや機会損失を防げます。獲得単価をおさえ、一定の利益を獲得できることは、ターゲティングを重視したマーケティングの大きな効果だと言えます。

顧客の満足度向上につながる

ターゲットを明確にし、ターゲット層のニーズを満たす商品・サービスを提供することは、購入した顧客の満足度を高めることにもつながるでしょう。

生活者のニーズを叶える商品・サービスとはどのようなものでしょうか。ターゲットを絞り込むことは、対象となる層が持つニーズや心の声にきめ細やかに対応することでもあります。

自分のニーズを満たしてくれる商品・サービスを提供してもらえた生活者は、支持を高め、商品ないしは企業全体のファンとなってくださり、そして、リピーターへと成長していく可能性があります。

 

ターゲットマーケティングで成果を出すコツ

それでは、ターゲットマーケティングで成果を出すコツについて解説していきます。
 

ターゲティングを見誤らないこと

ターゲットマーケティングで最も重要なことは、しっかりとした比較・分析などを通して真にニーズのあるターゲットを見つけ出すことです。自社が提供する商品・サービスに対するニーズを持たない層をターゲットにしても、成果は見込めません。

そのためには、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」という3つの段階を経る「STP分析」が効果的だと言われています。適切なターゲティングを行うためには、ターゲットを設定するだけでなく、「STP分析」をはじめとしたフレームワークを活用し、市場の特徴や市場に対する自社の立ち位置を確認することも必要です。
 

有効な顧客データをできる限り活用する

適切にターゲティングを行うためには、有効な顧客データをできる限り多く得られると良いでしょう。顧客の購買データを分析すれば、自社の商品・サービスへの潜在的ニーズを持っていると思われる層を見つけられますが、データの件数が少ないと分析結果の精度が低くなってしまいます。

特に今は、生活者の精神性を加味する必要のあるマーケティング4.0へと移り変わったと言われています。つまり、有効な顧客データというのは、生活者の潜在的ニーズがわかるデータということです。

潜在的ニーズを知るためには、より多くの顧客データを元に、より多くの人の購買履歴や行動傾向を分析することが必要です。自社で保有する顧客データが少ないという場合には、他社が提供しているデータやノウハウを活用することも検討してみてはいかがでしょうか。


 

ペルソナを設定すること

ターゲットマーケティングを成功させるためには「ペルソナ」を設定しましょう。ペルソナとは、企業の商品やサービスを利用する架空の具体的なユーザー像(モデルユーザー)のことです。

ターゲットは人物の属性・年代・趣味・嗜好などのカテゴリから設定することに対して、ペルソナはより詳細な人物像を「たった一人」に設定することに違いがあります。ペルソナの設定方法は次のとおりです。

1.顧客データを収集する
2.収集したデータを整理して必要な情報を精査する
3.得られたデータから商品・サービスを利用する人物像を描く
4.「顔」が想像できる状態まで人物像を描けたら完成

ペルソナの設定では、描く人物像に対して年齢・性別・住所・職業・年収・ライフスタイル・性格・悩み・趣味・家族構成など、まるで「設定した人物が実在している」と思えるレベルまで掘り下げて考えることがポイントになります。ターゲットとペルソナの違いは、設定する人物の情報量と詳細さの違いとも言えるでしょう。

関連記事:ペルソナはマーケティングに必要不可欠!重要性と設定方法について徹底解説
 

適切なメディア選定を行う

ターゲットマーケティングを成功させるためには、適切なメディア選定を行うことも重要です。ターゲットが適切に設定されていたとしても、対象のターゲットに適切な宣伝ができなければ商品・サービスは売れません。

メディアを選定する上では、DM・メール・店頭プロモーション・サンプル配布などの方法がありますが、目的や商材に応じた広告手法・メディアを選ぶことが重要です。
また、広告を配布したターゲット層に対して、実際の購買行動へとつなげてもらうためのアプローチを行うことも効率的なマーケティングとなります。


 

ターゲットマーケティング失敗の原因とは?

せっかく施策を実施しても、コストに見合わない結果に終わってしまうと「失敗」と判断されてしまうことがあります。
そのような「失敗」を防ぐためにも、多くみられる2つの原因をご紹介します。

原因1 ターゲットが絞り込みきれなかった

狙うべきターゲットが絞り込みきれず、「20代女性」などのおおまかなターゲットで設定すると失敗しやすくなります。

「20代女性」の中には学生・社会人・専業主婦・アルバイトと多くの属性の人が混在しています。趣味や志向、収入も異なります。そのため、おおまかに設定しすぎると、狙うべきターゲットが不明瞭になりターゲティングの意味が薄れてしまいます。

原因2 市場やターゲットへ対する知識が不足していた

マーケティングを行う場合、狙う市場やターゲットへの知識を深めてから実践することも必要です。
「20代女性」よりも絞り込み、「都内の大学に通う女子大生」をターゲットにした場合でも、女子大生をターゲットにした市場や流行なども抑えておかなければ、適切なメッセージを適切なタイミングで伝えることができなくなってしまいます。

費用対効果の良い結果にするために、2つの原因は押さえておくといいですね。

 

コツをつかみターゲットマーケティングで成果アップ

ターゲットマーケティングのコツをつかめば、獲得単価を最小限におさえることも可能です。その際に欠かせないのが、「データ」です。

CCCマーケティングが保有するデータは、ターゲットマーケティングへご活用いただけます。7,000万人超のT会員の購買・行動データを保有しているため、ターゲットをより明確に設定することができます。
商品・サービスへのニーズがある生活者を見つけ、アプローチ、効果検証まで提供しています。

また、テレビの視聴傾向から顧客の趣味志向を把握することも可能です。テレビや雑誌などのメディア閲覧歴は、顧客の趣味志向がダイレクトに反映されます。購買履歴とメディア閲覧歴の両方を活用すれば、ターゲティングだけでなくペルソナ設定もより明確になるでしょう。

CCCマーケティングのデータを活用したマーケティングにご興味がございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

 
※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++