「データマーケティング」とは?課題解決に役立つ理由と活用方法

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

マーケティングにはさまざまな手法がありますが、「データマーケティング」は集客改善を図りたい企業のみなさまにとって特に有効なマーケティング方法です。効率良く業務改善を行いながら集客の改善をすることができるのが特徴です。

今回の記事では、データマーケティングの活用方法やデータ分析方法、注意するべき課題などを解説していきます。

【目次】
▼データマーケティングとは
▼マーケティングにおけるデータの活用・分析方法

▼マーケティングでデータを活用する際のポイント


データマーケティングとは

データマーケティングとは、分析した顧客データを活用したマーケティングのことを指します。顧客データには年齢や性別、居住地などの基本属性だけでなく、職業、趣味志向、購買履歴や行動傾向なども含まれます。

マーケティング手法の中には、企業内部や市場、事業の展開方法などに着目する手法もありますが、データマーケティングでは顧客のデータを重要視しており、データを収集・分析・活用することで集客を図ることが最大の特徴です。
 

データマーケティングは効率の良い集客方法

データマーケティングは、効率の良い集客が行えるため重要視されています。

顧客データをツールによって管理することでマーケティングにかかる工数が減り、業務の効率化を図ることができます。また、収集するデータの数が多いほど分析結果の精度は増すことから、より顧客に合った精度の高いプロモーションを実施することができます。

マーケティングにおいて顧客データを活用することは、効率よく集客を行いたいと考えている方にとって最適な手法です。
 

データマーケティングはサポート力を高めるために有効

データマーケティングは、顧客へのサポート力を高めるためにも有効です。顧客の情報をデータベースで一元管理できれば、社内全員が同じ情報を共有できることになりサポート力が高まります。

従来の情報管理では、担当者のみが顧客のリアルタイムの情報を保持しており、他の社員では現状の把握ができないため、瞬時に同レベルのサポートが行えないというケースも見られました。しかし、社内の誰もがリアルタイムに更新される同じデータを閲覧できるようになれば、たとえ担当者が変わったとしても同レベルのサポートを提供することが可能になります。

サポート力が向上するということは、顧客満足度が高まり、優良顧客へと育てられるチャンスが増えることと同義です。顧客データを一元管理すれば、顧客へのサポート力向上にもつながり、直接的な広告に役立つだけでなくリピーター獲得のチャンスも増えるでしょう。
 

マーケティングにおけるデータの活用・分析方法

マーケティングに活用する、データの活用方法と分析方法を解説します。
 

マーケティングにおけるデータの活用方法

代表的な活用方法をご紹介します。

One to Oneマーケティング

「One to Oneマーケティング」とは、顧客ひとりひとりに適したマーケティングを行う手法です。ターゲットすべてに同じ手法でプロモーションを行うのではなく、顧客をパーソナライズし、それぞれのニーズを合わせた内容でアプローチします。

具体的には、ウェブ上でよく見かける「あなたへのおすすめ商品」などの広告が挙げられます。顧客に対して適切なマーケティングが行えるメリットを持ちますが、その手法を行えるソフトやシステムを導入しなければ実現が難しいでしょう。導入するということは必然的にコストもかかってしまう点がデメリットです。
 

オムニチャネル

「オムニチャネル」とは商品のデータを一元管理し、複数チャネルで販売を行うデータ活用法です。店頭・ECサイト・カタログ通販・SNS・ネットオークションなど、さまざまな媒体を用いて一環した顧客体験を提供し、生活者にアプローチするマーケティング方法のことを指します。

オムニチャネルで販売を行うためには、顧客データではなく商品のデータを適切に管理することが求められます。例えば、店頭で購入されてしまったにも関わらずECサイト上で販売を続けていれば、在庫のない商品でも購入できる状態になってしまうでしょう。

顧客データを活用して集客を行うデータマーケティングとは趣旨が異なりますが、データを活用し複数チャネルにて販売を行うマーケティング手法がオムニチャネルです。

関連記事:信長、マーケティングで天下獲り|~第2回「信長、OMOを学ぶ」~
 

マーケティングにおけるデータの分析方法

マーケティングにおいてデータを分析するためには、まず分析をする目的を明確にすることが大切です。未来予測のための分析方法は省き、直接的に集客と売上アップへの効果が期待できる分析方法をご紹介します。
 

テキストマイニング

顧客のコメントから有益な情報のみを抽出する方法です。文章中から分析すべき単語を抽出し、単語の出現頻度や傾向を分析し、顧客のニーズを読み取りマーケティングに活用します。

分析元のデータはアンケート調査結果やインタビューの内容、コールセンターでの会話、SNSへの投稿などさまざまですが、顧客や消費者のニーズがリアルタイムにわかるデータ分析法です。
 

クロス集計

顧客の年齢・職業・趣味嗜好などの情報を集計し、マトリクス図を作成する方法です。顧客の属性ごとのおおまかな傾向を知るために効果的で、アンケート調査の結果を分析するためによく利用されます。顧客の基本属性と設問への回答を紐付けることで、属性ごとのニーズや設問と設問の相関が読み取れる分析法です。
 

クラスター分析

集団のデータから同じ性質を持つデータを抽出し、グループに分類し統計を得る方法です。性別・年齢・職業・住所などが異なる大量のデータの中から似た傾向のデータを抽出することで、グループごとの特性や動向がわかるようになり、ターゲット分析やペルソナ分析に役立ちます。
 

アソシエーション分析

商品・サービス同士の相関性を図るための分析法です。対象となる商品がどの商品と同時購入されているのか、隠れた相関性を発見できる方法として活用されます。
 

ABC分析

商品・サービスをA・B・Cのグループにわけて、重要性の高い商品・サービスを見つけ出すための方法です。重点販売商品を決定するために、売上高が高い商品のグループを見つけたい場合などに活用されます。
 

マーケティングでデータを活用する際のポイント

マーケティングにてデータを活用する際には、次のような4つのポイントを踏まえると良いでしょう。
 

ポイント1:データクリーニングを行って精度を高めること

データマーケティングの精度を高めるためには、データクリーニングを行うことが欠かせません。

顧客データの中にはさまざまなデータが混じっているだけでなく、重複や表記ゆれなどがある可能性もあります。自社にとって有益なデータを精度高く抽出するためには、データクリーニングを行って元のデータをクリアな状態にしてから活用することが重要です。
 

ポイント2:データを一元管理すること

収集した顧客データは、一元管理することをおすすめします。データが分散されている状態では分析結果の精度が低くなるためです。

マーケティングのためにデータを活用するには、必要なデータがしっかりと揃っている必要があります。分散したまま管理されているデータでは、分析をする際にデータの抜け漏れを発見できなかったり、関連性の高いデータに気づけない可能性もあります。

顧客データを収集したら一元管理を基本とし、適切なデータ管理が行えるよう管理方法を学ぶことも必要だと考えられます。
 

ポイント3:分析結果に主観を交えないこと

データマーケティングを正しく活用するためには、主観を交えないようにデータを読み解くことが重要です。なぜなら、主観を交えてしまうと、データマーケティングの効果が薄れてしまうからです。
データを読み解く際は客観性をもって分析し、プロモーションや企画の背景・根拠とすると説得力が増すのではないでしょうか。
 

ポイント4:データを集めることを目標とするのではなく、目的を設定すること

マーケティングでデータを活用する上で、データを集めることはとても大切です。データがなければ、マーケティングに活用することもできなくなってしまいます。
しかし、データの収集は手段であって目的ではありません。

データを集める前に、「目的に応じたデータはどんなものが必要か」ということを考え、「こういうことを知りたいからデータからこんな情報を引き出したい」などを決めてからデータを収集することをおすすめします。
 

良質なマーケティングデータを活用して効率的な集客を目指す

CCCマーケティングのデータを活用して、集客施策を実施しませんか?

CCCマーケティングでは、7,000万人を超えるT会員の年齢・性別・居住地・職業・趣味志向など多種多様なデータを保有しています。属性情報だけでなく、購買履歴や行動傾向なども含まれていることから、商品・サービスへのニーズを的確に知ることができ、幅広い市場に対するデータマーケティングを提供しています。

ターゲティング・プロモーション・行動促進・分析という4つのソリューションにより企業の集客改善をサポートします。

CCCマーケティングのソリューションはこちら
 

データマーケティングとはさまざまな場面で活用される手法

データマーケティングは、集客改善を図るためにも効果を発揮しますが、商品やサービスの相関性を知りたい場合など、さまざまな場面で活用できます。

ただし、一定量の顧客データが必要となること、データの抽出・分析が必要となることから、外部からの手を借りることも検討したいマーケティング方法でもあります。

データマーケティングを実施してみたいけれど、自社データが少ないなどの場合は、ぜひ一度CCCマーケティングへご相談ください。

CCCマーケティングのサービスはこちら

CCCマーケティングのデータはこちら(Tableau Publicへ遷移します)


※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++