サンプリングとは?メリットや効果とターゲット設定の重要性などを解説

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

サンプリングは効果の高いマーケティング手法のひとつとされています。しかし、サンプリングを効果的に実施するためには、適したケースであることや成功のためのポイントを意識しながら行うことが大切です。

今回の記事では、サンプリングのメリットや効果とともに、注意点や効果的に実施するためのポイントをご紹介していきます。

【目次】
▼サンプリングとは?メリットや効果を解説
▼サンプリングに向いているケースとは

▼サンプリングを効果的に進めるポイント
▼サンプリングで重要なターゲット設定について


サンプリングとは?メリットや効果を解説

サンプリングとは、商品をお試ししてもらえるサンプルを配るプロモーション方法です。具体的に次のような方法でサンプル配布を行います。

・ルートサンプリング:施設や店舗でサンプルを配布する方法
・店舗購入型サンプリング:店舗で商品を購入してもらいポイント還元する方法
・街頭サンプリング:駅や路上でサンプルを配布する方法
・郵送サンプリング:ダイレクトメールにサンプルを同梱し配布する方法
・流通購入サンプリング:ダイレクトメールやEメールで告知した商品を購入してもらった後にポイントバックするサンプリング法
・WEB・SNSサンプリング:サイトやSNSから応募してくれた人にサンプルを配布したり、インフルエンサーにサンプルを配布しレビューを投稿してもらう方法

主に6つの方法でサンプル品を配布し、実際に商品の使い心地や効果を実感してもらい商品購入につなげるプロモーション手法がサンプリングなのです。
 

サンプリングのメリットと効果とは?

サンプリングを行うことでの、期待できるメリットや効果について確認していきましょう。

商品の魅力を伝えることで商品購入につながりやすい

サンプルを配布する最大のメリットは、商品の魅力を購入前に伝えられ、使用感や魅力を実感してもらえることです。
「自分に合うかな…」「興味はあるけど迷っている…」と商品・サービスに対して不安を抱いている生活者は少なくありません。潜在的なニーズを抱く生活者に商品を試してもらうことができれば、広告やダイレクトメールなどのプロモーション方法よりも商品の魅力を知ってもらいやすく、商品購入につながる可能性が高まります。

企業のブランディング・宣伝ができる

サンプルを配布することは、商品を販売している企業の宣伝にもなります。配布品に企業のロゴや情報を記載することにより、販売元の企業をよく知ってもらえる場合もありますし、デザインのイメージによりブランディングを行うこともできるでしょう。サンプリングは商品の魅力を知ってもらうためだけはなく、販売している企業の認知度向上を促す効果もあると考えられます。

市場調査ができる

サンプリングは市場調査にも活用できます。サンプルを受け取った生活者に対し、アンケートやヒアリングでサンプルの感想などをとれば市場調査の一環とすることも可能です。
商品・サービスのプロモーションとともに商品の改善や、今後の新商品開発へと役立てられることもメリットのひとつと言えます。

商品・サービスに対する生活者の反応がわかる

サンプリングとアンケート調査を組み合わせれば、商品・サービスに対する生活者の反応を知ることができるという効果もあります。生活者から得られた感想は、市場調査の一環として役立つはずです。サンプルを使用した生活者に対し使用した感想を調査すれば、商品・サービスをより良く改善していくための貴重な情報となるでしょう。

来店促進にもつながる

サンプリングとクーポンを組み合わせることで、来店促進につなげることもできます。たとえば、店頭にて無料で商品がもらえるクーポンなどを配布し、来店した生活者に対してサンプルを配布する…という方法なら、サンプルを受け取る目的での来店が期待でき、その他の商品を購入するきっかけになることもあります。
 

サンプリングに向いているケースとは

次のようなケースには、サンプリングが効果的です。
 

ターゲットが明確に定まっているケース

ターゲットが明確に定まっているケースなら、ターゲットとなる生活者にのみサンプルを配布することで、より費用対効果の高いプロモーションが行なえます。

例えば、高級化粧品であれば平均年収が高い港区や高級住宅街に近い駅で街頭サンプリングを行ったり、アンチエイジング化粧品のサンプルを同様の商品棚の近くに置いたり…という方法があります。ターゲットを明確にしておけば、商品の特性が響く生活者層のみにプロモーションが行えるのでより効果が期待できるでしょう。
 

食品・化粧品のプロモーションを行うケース

一般的に、食品・化粧品・サプリメント・健康食品などの消耗品はサンプリングと相性が良い商品です。食品や化粧品などは、文字による宣伝だけでは魅力や効果が伝わりづらい場合もあります。サンプリングで実際に使用したり食べたりして、使用感や味、香りなどを体験してもらう方が魅力が伝わりやすくなり、商品の魅力を肌で感じて貰えれば、商品購入への近道となるでしょう。

一方、消耗品でない場合、サンプル品だけで満足されて、実際の商品購入につながらない可能性も出てきます。食品や化粧品などの消耗品を販売したい場合は、サンプリングが非常に有効なプロモーションとなるはずです。
 

来店促進を狙いたいケース

店舗への来店促進を図りたい場合には、クーポン型のサンプリングも効果的です。サンプリングのメリットの項目でも解説しましたが、クーポン型のサンプリングとは、あらかじめ配布したクーポンや無料券を店頭まで持参、もしくは事前にWEBクーポンにエントリーをした生活者に対してサンプルを配布するという方法です。

メールや郵送、アプリなどでクーポンを配布したり、店頭で次回来店時に使える無料券を配布したりするなどの方法があります。来店すれば他の商品も一緒に購入する可能性も高まりますので、クーポン型サンプリングは、来店・再来店を促進させる方法として有効です。
 

サンプリングを効果的に進めるポイント

サンプリングは効果的なマーケティング手法ですが、より効果を高めるためには次のようなポイントを意識して実施されることをおすすめします。

使用されるまでのカスタマージャーニーを明確にする

まず、サンプル品が実際に使用されるまでのカスタマージャーニーを明確にすることが大切です。カスタマージャーニーとは、生活者が商品を認知してからサンプル品を入手、もしくは商品購入にいたるまでのストーリーを作成することです。

生活者はどのような場所でどのような気持ちになり、サンプル品を使いたい気持ちになるか…というストーリーを組み立ててみると、より生活者の気持ちに寄り添ったサンプリングが行えるはずです。たとえば、シャンプーやボディークリームならジム帰りの女性に使われやすく、健康食品ならドラッグストアのサプリメントコーナーに立ち寄る人から使われやすいかもしれません。

配布したサンプル品に関心を持って使ってもらうためには、カスタマージャーニーを明確にして、ニーズ喚起が行える場所やタイミングで配布するようにしましょう。

関連記事:カスタマージャーニーとは?その必要性とマップの作成方法を解説
 

配布できるサンプルの規格を確認する

次に配布できるサンプルの規格を確認します。配布方法や場所によっては、配布できるサンプルの規格が定められていることもあります。サンプルのサイズや重量を確認して、確実に配布できるように確認しておくことが大切です。その他、配布してもらうための料金やサンプル品の最低ロットなども確認が必要です。
 

サンプリングで重要なターゲット設定について

サンプリングの効果を高めるためには、ターゲット設定を明確にしておくことが大切です。「サンプリングに向いているケース」にて少し記載しましたが、ターゲットとなる生活者を絞り込むことで費用対効果の高いプロモーションが行えるようになり、リターンの大きい効率的なサンプリングになります。

狙うべき生活者の層は商品・サービスによって変わりますが、サンプリングを行う際にはコストやサービスを提供する時間と労力がかかるものです。商品・サービスへのニーズを抱き、商品・サービスを購入してくれそうな生活者の層を見極めることが費用対効果を高めることにつながります。
 

ターゲットの設定方法

ターゲット設定には次のようにさまざまなセグメントがありますが、いずれにしてもニーズを抱いていると思われる生活者の人物像をより詳細に掘り下げることがコツです。

・商品の特性:アンチエイジング化粧品で40~60代女性
・商品の価格帯:高価格帯商品で富裕層
・販売エリア:特定のエリアに住む人のみ
・職業:体臭対策の商品で販売・接客業に就いている人
・趣味:目の疲れ対策サプリメントで読書や動画閲覧が趣味の人

このように、セグメントごとにより詳細な生活者の設定を行うほど、ピンポイントなプロモーションが可能となります。年代や性別などのおおまかなターゲティングを行うより、より詳細な条件設定を行った具体的な生活者像を描く方がニッチな層をピンポイントで狙えるようになるでしょう。

ただし、的確にターゲットとなる生活者を設定するためには、客観的なデータを活用することが必要です。消費者の購買行動に関するデータを収集・分析し、得られた結果からターゲットを設定すると実際の消費者とターゲットとした生活者像との差異が少なくなります。

ピンポイントにサンプリングを行うには、商品・サービスへの潜在的なニーズを持つ生活者層をデータ活用から割り出すことが最も効果的でしょう。商品・サービスの特性にあわせてセグメントを選択し、ターゲットとなる生活者像を詳細に設定すると良いでしょう。
 

CCCマーケティングならより効果的なサンプリングが可能

CCCマーケティングなら、大量のデータから的確なターゲティングを行い、より効果的なサンプリングが可能です。

7,000万人を超えるT会員の購買・行動・基本属性・生活属性・志向性などのデータを元に、商品・サービスへのニーズを抱く生活者層を的確に抽出することが可能です。

実施できるサンプリング方法は下記の5種類がありますので、データ活用で抽出されたターゲットとなる生活者に対してより効果的だと思われるサンプリングを実施していただけます。

・郵送サンプリング
・WEBサンプリング
・流通購買サンプリング
・蔦屋書店イベントサンプリング
・TSUTAYA、蔦屋書店店頭でのルートサンプリング

また、サンプリングを行った顧客の行動はTカードの購買・行動データにてトラッキングができますので、施策実施後の効果検証もサポートします。
また、Tポイントキャンペーンにて商品購買促進も行うことができます。

CCCマーケティングのサンプリングサービスはこちら
 

サンプリング成功のコツはターゲティングを明確にすること

サンプリングを成功させるためのコツは、ターゲットとなる生活者を明確にしたうえで配布することです。効果の高いマーケティング方法とされているサンプリングですが、より高い効果を得るためには、ニーズを抱く生活者に対して効果的な方法で配布することが大切になります。

CCCマーケティングのサンプリングサービスなら、7,000万人を超えるT会員の購買データからターゲティングを行い、ニーズを抱く生活者に対して最適なサンプリングを行えます。ピンポイントで効率的なプロモーションを実施したいとお考えなら、ぜひCCCマーケティングにご相談ください。

CCCマーケティングのサービスはこちら

CCCマーケティングのデータはこちら(Tableau Publicへ遷移します)

※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++