サンプリングの意味や手法を徹底解説|市場調査(マーケティングリサーチ)効果もあり

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

商品やサービスを販売するなかで「なかなか認知してもらえない」「商品を手にとってもらう機会が少ない」といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなお悩みを解決するためにおすすめなのが「サンプリング」によるセールスプロモーションです。
サンプリングと聞くと、街頭などで商品を配布している姿を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、他にも様々な手法を選択して顧客にアプローチすることが可能です。

本記事では、サンプリングの特徴や効果、種類などの基本知識をはじめ、効果的に行うための方法を詳しく解説していきます。


サンプリングとは?目的や意味について解説

サンプリングとは、顧客に試供品を配布し実際に商品やサービスを使用してもらうことで購入を促すプロモーション手法のひとつです。商品以外にも、宣伝を目的にチラシやノベルティなどを配布するサンプリングもあります。

サンプリングは実際に商品を使用できるため、商品の良さや魅力が伝わりやすく、その後の商品購入に繋がりやすいという特徴があります。

ただし、効果を出すためにはターゲットとなる顧客層をセグメントして効率的に配布することが重要となるため、事前のターゲティングを的確に行う必要があります。


サンプリングが効果的な商品

サンプリングでは、企業が発信する情報だけでは良さや魅力が伝わりづらい商品を配布すると効果的です。具体的には、化粧品や食品などの消耗品が挙げられます。

ほかにも、配布できる商品がない場合でもクーポンや無料券を配り、後日来店してもらうことを目的とするサンプリングも店舗を持つ企業であれば有効です。


企業がサンプリングを実施するメリットとデメリット

続いて、サンプリングのメリットとデメリットについて解説します。

サンプリングのメリット 

サンプリングのメリットは、企業が見込み顧客に直接アプローチできるという点です。
具体的なアプローチ方法について、詳しくご紹介していきます。

①見込み顧客に商品の魅力を伝えられる

見込み顧客に商品を実際に使ってもらい、使用感や魅力を感じてもらえる点が、サンプリングの一番のメリットです。
商品を購入する際に「商品選びで失敗したくない」「自分にあわなかったらどうしよう…」といった感情を抱く方も多いですが、サンプリングはこれらの問題を解決して「購入」するための後押しをすることが可能です。

②企業の宣伝活動になる

サンプリングは商品の魅力を伝えるだけでなく、企業の宣伝活動にもなります。
配布の際に企業のロゴやブランドカラーをデザインすることで、ブランドイメージを与えることができるため、広告以外にも「〇〇といえばあの企業」というように、潜在的に認知してもらうことが可能です。

③市場調査ができる

サンプリングは、市場調査(マーケティングリサーチ)にもなります。
商品の配布とあわせてアンケートやヒアリングを行うことで、商品に対する認知率などの「顧客の生の声」を情報として集めることが可能です。
集めた情報は、今後の商品開発や展開の参考として役立てることができます。
 

サンプリングのデメリット

サンプリングのデメリットには、コストの高さや顧客ターゲティングの難しさといった点が挙げられます。
具体的なデメリットについて、詳しくご紹介していきます。

①配布コストがかかる

サンプリングのデメリットとしてまず挙げられるのが、配布コストがかかる点です。
具体的には、顧客へ配布するための商品の製造費用がかかるほか、人の手で配布する場合にはその分の人件費もかかります。
また、配布した商品は必ず購入してもらえるというわけではないため、長期的な目線で見てコスト管理をすることが大切です。

②事前の市場調査・ターゲティングが必要

事前の市場調査ターゲティングを行う必要があり、配布する顧客層をセグメントしなければならないこともデメリットとして挙げられます。
セグメントをかけずにサンプリングをする場合、商品を届けたい顧客層ではない方にも配布してしまい、効果が少なくコストだけがかかってしまいます。
また、ターゲット設定だけで無く、配布エリアや配布数もサンプリングを成功させる重要な要素になりますので、あわせてしっかりと計画を練ることが必要です。


サンプリングの主な手法と特徴

サンプリングの手法には、目的やターゲットとする顧客層によって様々な種類があります。
ここからは、それぞれの手法や特徴について詳しくご紹介していきます。

街頭サンプリング

駅や路上で商品を手渡しでサンプリングする方法で、多くの方が集まる時間や場所を選ぶことで、効果的に商品を配布することが可能です。
事前に配布するターゲットを絞っておくことでピンポイントに配布できる反面、顧客に接触できる時間が少ないため、配布体制のプランニングが重要です。

ルートサンプリング

ターゲットとしている顧客層が集まる施設や店舗などでサンプリングする方法です。
同じ目的の顧客層が集まりやすいので、ルートごとに細分化されたターゲットに配布しやすいという特徴があります。

学校から会社、病院、小売店まで様々あり、CCCマーケティングでは、TSUTAYAの店頭サンプリングがルートサンプリングにあたります。来店客の中から更にセグメントしてアプローチすることも可能で、街頭サンプリングより更にターゲットを絞りたい場合におすすめです。

Web・SNSサンプリング

スマートフォンで誰でも手軽にインターネットを利用できる現在では、WebサイトやSNSから申し込みした方にサンプリングを行う方法もあります。
顧客側からの申し込みがメインとなるので、商品の購入確度が高い見込み顧客にアプローチことができます。

またSNSでは、フォロワーを対象にしてリツイートやシェアを条件にサンプリングをすれば、より多くの方に商品の情報を拡散することが可能です。SNS特有の影響力を持ったインフルエンサーに情報を発信してもらうことも効果的です。
CCCマーケティングでは、WEB上で申し込むEC型の「Tサンプル」をご用意しております。企業様の配送料負担が0円で実施できますので、コストを抑えたい場合はおすすめです。

郵送サンプリング

ダイレクトメール(DM)に商品を同封して配るサンプリング方法です。既存顧客に対して、新商品の告知などによく利用されています。
化粧品から飲料まで様々な形状のものを配ることができるほか、ターゲットとなる顧客に直接郵送できるため、予定数が配りきれずに余ってしまうことがありません。

ただし、送り先となる顧客の情報が必要なことや、郵送するコストがかかるという問題もあります。
CCCマーケティングでは、7,000万人を超えるT会員の中からセグメントをかけてターゲットを絞り込むことができますので、必要なターゲットだけにダイレクトにアプローチすることができます。

流通購入サンプリング

顧客に対して郵送のDMEメールでキャンペーンの告知を行い、対象の店舗で商品を購入してもらって、代金を後日ポイントとしてバックするサンプリング方法です。
キャンペーンの告知を受けた顧客のみが対象となるため、店頭でのオペレーションが不要です。実際に対象者が購買するアクションを伴うサンプリングとなり、売上実績が計上されるという特徴があります。

CCCマーケティングでは、購買データを活用してセグメントできるだけでなく、Tポイントを活用することができます。


サンプリングを実施・検討する際の注意点 

サンプリングをする際には、注意しなければならない点がいくつかあります。
誤った方法でサンプリングを行うと効果が無いばかりでなく、マイナスイメージにも繋がるため特に注意が必要です。

顧客のターゲット設定をする

不特定多数の方にサンプリングをしても効果はありません。
たとえば男性に対して女性向けの化粧品を配布しても、使用されることなく終わってしまう可能性があります。
そのため、商品をどの顧客層に購入してもらいたいのかを明確にして、対象となる顧客にサンプリングをすることが大切です。

サンプリングに適した商品で行う

サンプリングは、実際に商品を体験してもらうことで良さや魅力を伝えるものですので、顧客が体験してから購入を決定するような商品が適してします。
たとえば消耗品や食品などは顧客側も試してみようという気持ちになりやすい商材のひとつです。

サンプリングを実施する場所の使用許可をとる

無許可で配布を行うことはトラブルの原因にもなり、企業や商品にマイナスイメージを持たれてしまうため注意が必要です。
自社の保有している施設や店舗以外でサンプリングを行う場合には管理者の許可、街頭サンプリングには事前に配布地域を管轄する警察署への「道路使用許可書※」を申請するようにしましょう。
場所や地域によって異なるため、事前によく調べてから適切な申請・許可をとって配布をするようにしてください。
※詳しくは、警察庁のHPをご確認ください。


CCCマーケティングのサンプリングサービスもおすすめ 

CCCマーケティングが提供しているサンプリングサービスでは、7,000万人を超えるT会員のデータを基にセグメントをかけて、ターゲットを明確にした効果的な配布を行っています。
先程ご紹介したルートサンプリングをはじめ、サンプリングメニューも豊富にあり、CCCマーケティングだからできる

・TSUTAYA店頭サンプリング
・郵送サンプリング
・WEBサンプリング
・流通送客サンプリング
・蔦屋書店イベントサンプリング

といったサンプリング方法も選択していただけます。
サンプリングで重要となる顧客層のセグメントについては、7,000万人を超えるT会員の大規模なデータを保有しているCCCマーケティングだからこそできる詳細な条件設定をつけて絞り込むことが可能です。

サンプリングサービスの詳細はこちら

ほかにも、DMやメールなどによってTポイント提携先への送客も可能ですので、様々な角度から顧客に対してアプローチしていただけます。
サンプリングについて興味やお悩みがある場合には、ぜひ一度CCCマーケティングまでご相談ください。


サンプリングには商品アピールだけでなく様々な効果も見込める

サンプリングの特徴や効果、種類などの基本知識をはじめ、効果的に行う方法を詳しく解説してきました。
サンプリングは顧客に対して商品の魅力をアピールできるだけでなく、宣伝や市場調査ができる効果も見込めます。

ただし、無計画にサンプリングをしても効果がないため、商品を売りたい顧客層を明確にしたうえでセグメントをかけて効果的に配布することが大切です。
適切にサンプリングを行うことで商品の売上向上も期待できますので、ぜひ実践してみてください。
 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++