マーケティングの重要性と進めるうえで押さえたい基礎を解説!

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

ビジネスにおいて欠かせないと言われているマーケティング。
なぜそれほどまでに重要だとされているのでしょうか?

今回の記事では、マーケティングの重要性と、代表的なマーケティング手法や実際の取り組み方、実践していくうえで要となるデータ分析について解説しています。

これからマーケティングに力を入れていきたいと考えられている方は、ぜひご参考にしてください。
 

【目次】
▼マーケティングがなぜビジネスで重要なのか
▼マーケティングの種類と特徴

▼マーケティングのやり方をわかりやすく解説
▼代表的なマーケティングの手法


マーケティングがなぜビジネスで重要なのか

ビジネスにおいてマーケティングが重要だとされる理由は主に次の3つです。

製品が売れにくい時代のため

マーケティングが重要だとされている理由のひとつめは、製品が売れにくい時代になっていると言われているからです。

高度経済成長期やバブル期は物資が少なく、大々的に広告を出すだけで製品が売れやすい時代でしたが、現在は少子高齢化や経済のマイナス成長の影響を受け、多くの人が商品・サービスを購入することに以前より慎重になっています。

また、生活の豊かさから人々のニーズが多様化し、以前より市場における製品数が増えたこと、社会や経済の変化が大きいことも、商品・サービスの販売が滞りがちになっている理由です。そのため、性能の良い商品・サービスの広告を大々的に出したとしても、宣伝をするだけでは販売を成功させることは難しい時代になっているのです。

そのため、市場調査やデータ分析を行ったうえで生活者が抱えている真のニーズを汲み取り、商品・サービスを効率的にアピールしていくため、綿密なマーケティングの重要性が増してきていると言われています。
 

企業の経営と活動において欠かせない要素であるため

マーケティングは、企業活動のプロセスにおいて重要な意味を持ちます。企業の活動は「製品を開発・製造して販売する」ということですが、商品・サービスの開発から販売までの一連のプロセスの一環を担っているのがマーケティングだからです。

マーケティングに含まれる企業活動は、生活者のニーズを満たす商品・サービスを開発して、商品・サービスの情報を生活者に届け、購入してもらうことで消費者に利益を感じてもらうことです。つまり、マーケティングは企業の経営活動の目的を果たす役割を担うため重要だと言えるでしょう。
 

コストを削減し、純利益を増やすため

マーケティングは企業のコストを削減し、純利益を増やすためにも欠かせない活動です。

マーケティングの仕組みが完成されると、プロモーションに割くコストが削減され、自然と商品・サービスが売れやすくなる傾向があります。経営学者のピーター・F・ドラッカーは、著書『断絶の時代』の中で「マーケティングの理想は販売を不要にすること」と述べています。

生活者のニーズを把握した商品・サービスを開発し、対象の商品・サービスを求める人から購入を希望される仕組みを作ることがマーケティングの最終的なゴールです。理想的なマーケティングの形が構築されると、企業側から売り込む「販売」をする必要がなくなります。

マーケティングは、時間とコストをかけず商品・サービスを販売し、消費者側から積極的に購入してもらうことにより企業の純利益が増え、消費者の満足感が高まるという理想的なサイクルを生み出すという点でも重要な活動です。
 

マーケティングの種類と特徴

それでは、マーケティングにはどのような種類があるのか、代表的なものをご紹介していきます。

リアルマーケティング

リアルマーケティングとは、生活者に直接アプローチをする方法です。
たとえば、店頭で試食会や試飲会を開催したり、その場で製品を試せる実演販売を実施したり、街頭でサンプリングをしたり、新製品発売に伴うイベントを開催したり…などの具体例があります。

販売員と生活者が直接的にコミュニケーションを取ることでプロモーションを実施し、商品・サービスの魅力を生活者に実感してもらいながら販売する手法がリアルマーケティングです。
 

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、デジタルメディアを通じて生活者にアプローチをする方法です。検索エンジンやSNSなどインターネットを利用したオンラインマーケティングも含まれますが、SMSやディスプレイ広告なども含むためオンラインマーケティングより広義となっています。

具体的には、ウェブサイトやブログによる宣伝、検索エンジンの最適化、Googleの検索ページに掲示する有料検索広告などが代表的です。また、YouTube広告、メルマガ、リターゲティング広告もデジタルマーケティングに含まれます。

またEメールによるマーケティングもデジタルマーケティングに該当します。サービスや商品に関してのあらゆる情報をユーザー個人のアドレスに送ることができるので、デジタルマーケティングの中でも高い効果があると言われています。

デジタルマーケティングは、アプリやSNSなどでデータを収集・分析したうえでアプローチできるため、リアルマーケティングより幅広い生活者に対し効率の良いプロモーションが実施できるはずです。

顧客データ分析

顧客データ分析とは、商品・サービスを購入した消費者の属性を分析することです。商品・サービスを購入した消費者の購買活動や行動傾向を分析すれば、どのような層が商品・サービスに対して潜在的なニーズを持ち得るのかがみえてきます。

たとえば、「20代後半の美容やファッションに関心のある女性」「30代でマイホームの購入を検討している会社員男性」など、得られた結果に基づきニーズを抱いている層に対してプロモーションが行えるようになれば、より効率的にピンポイントなマーケティングが行えます。

生活者のニーズを汲み取れるようになれば、お客様満足度が上がり、商品・サービスの購買率も上がると考えられます。顧客データ分析とは、実際に販売活動を行うマーケティング手法ではありませんが、効果的なマーケティングを行うための基盤として欠かせません。
 

マーケティングのやり方をわかりやすく解説

これからマーケティングを実践していきたいという方に向けて、実際のやり方をわかりやすく解説します。

市場の調査

マーケティングの第一歩は市場の調査をすることです。市場における生活者のニーズや競合の存在、自社の商品・サービスの強みや弱みなどを検証することから始めてみると良いでしょう。

市場の調査をする際に重要となるのは、より多くの情報を集めることです。消費者の購買データや、紐付けられる行動傾向を分析することで生活者が潜在的に抱いているニーズを見つけてください。
 

商品・サービスの魅力を生活者にアピールする

マーケティングの基本は、販売したい商品・サービスの魅力を生活者にアピールすることです。プロモーションの方法には広告・PR・セールスプロモーション・人的販売などさまざまな種類がありますが、商品・サービスを生活者から認知してもらい、魅力を効果的に伝えることがマーケティングの第一歩です。
 

商品・サービスが売れる仕組みを検討する

効率的に販売するためには、商品・サービスが売れる仕組みを作ることも大切です。

たとえば、商品・サービスを購入してくれた消費者が口コミを投稿し、口コミを見た生活者が自ら商品・サービスを求めるようになる…というサイクルを実現できれば、企業からの売り込みを行わなくても販売が成り立つ仕組みが完成していると言えます。

最初に「マーケティングの理想は販売を不要にすることである」というピーター・F・ドラッカーの言葉をご紹介した通り、マーケティングの成功には、商品・サービスが半自動的に売れる仕組みを作り上げることが欠かせません。
 

プロモーション効果を検証し改善策を練る

プロモーションの効果を客観的に検証し、評価するべき点と改善策を練ります。

実施したプロモーションが商品販売にどれほど効果をもたらしたのか、プロモーションのために費やされたコストも含めて費用対効果を測りましょう。評価できるポイントは次に活かしつつ、さらに改善するべきポイントに対しては改善策を練り、より良いマーケティングを目指しPCDAサイクルを確立させていきましょう。
 

代表的なマーケティングの手法

マーケティングの手法にはさまざまな種類がありますが、代表的な手法を4つご紹介します。

3C分析

3C分析とは生活者(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)の3つの要素について客観的分析を行う手法です。それぞれについて、次のようなことを掘り下げていきます。

・Customer:生活者の消費行動や市場の成長について分析する
・Company:自社の環境と現状について資本力やサービス、消費者層を分析する
・Competitor:競合の製品情報や消費者、市場におけるシェアについて分析する

マーケティング環境は、生活者・自社・競合の3つの側面から成り立つため、漏れなく現在の環境を把握できることが3C分析のメリットです。事業や企業の戦略立案に適しています。
 

PEST分析

PEST分析とは政治(Politics)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの視点から自社への影響を測るマーケティング手法です。

・Politics:ビジネスに関連する法律や法改正、政治的な変化による影響
・Economy:生活者の所得の変化や為替・金利・経済成長率の変化による影響
・Society:人口動態や生活者の価値観・ライフスタイル・トレンド・習慣による影響
・Technology:ビジネスに関連する技術開発など技術の変化による影響

PEST分析では企業が外部から与えられる影響について知ることができ、経営に関する情報を4つの視点から探ることで、マーケティングだけでなくリスク回避にも備えやすくなります。
 

5Forces分析

5 Forces分析とは、5つの要因から競争力や収益性を測るためのマーケティング手法です。

・売り手の交渉力
・買い手の交渉力
・競合企業間の敵対関係
・新規参入企業による脅威
・代替商品・代替サービスによる脅威

5 Forces分析は上記の5つの要因を測りますが、売り手・買い手の交渉力と敵対関係については内的要因、2つの脅威については外的要因とされます。

業界の収益性を決定する5つの要因について内的・外的の両方の側面から分析を行うことで、業界全体の収益性を図れるため、新規参入や新規事業立ち上げの際の指標として用いることがおすすめです。
 

SWOT分析

SWOT分析は内部環境・外部環境における4つの観点から、リスクと可能性を測るマーケティング手法です。分析に用いられる観点は次の4つです。

【内部環境】
・活かすべき強み
・克服すべき弱み

【外部環境】
・市場機会の有無
・回避すべき脅威

4つの観点はそれぞれ、内部環境・外部環境同士で作用し合います。例えば、市場機会についての強み、脅威に対して克服するべき弱みなどが見えてくることから、可能性とリスクの両方を測る手段として最適です。

分析にはMAツールの活用も

ここまで手法を紹介してきましたが、合わせてツールについても紹介します。
MA(マーケティングオートメーション)ツールを導入することは今やビジネススタンダートになろうとしており、MAツールこそ最強のマーケティング手法なのではないかと言われています。

MAツールは、自動的にデータを分析し、生活者に対してそれぞれに合った適切なマーケティングアプローチを行えます。生活者の商材に対する興味や関心、購買意欲を高める施策を自動的に行ってくれるので、マーケティング活動を効率化させます。
また、膨大な量のデータの管理を自動化できるため、マーケティングの効率化を図りたい場合や、規模の大きなマーケティングを行う際に役立つ方法です。
 

マーケティングにおけるデータ分析の重要性

ご紹介したいずれのマーケティング手法においても、重要となるのは「データ分析」です。マーケティングでは客観的なデータから得られた結果を元に、可能性やリスクを測ることが基本だと言えます。

CCCマーケティングでは、7,000万人を超えるT会員の購買・行動傾向やテレビ視聴傾向などからデータを多面的に分析することが可能です。

データ分析の結果に基づき、新商品・新サービス開発の支援や、ターゲットを絞り込んだプロモーションをご提案したり、さまざまな側面からマーケティングを支援しています。

施策の効果検証も可能で、企業のみなさまの目的に合わせた一貫性のあるマーケティング施策をご提案させていただきます。

CCCマーケティングのサービスはこちら
 

マーケティングは企業活動の根底を担う活動

マーケティングとは、企業の経営と活動の根底を担うと言っても過言ではない、非常に重要な活動だと言えます。商品・サービスの開発から販売まで、すべてはマーケティングによって行われます。

企業にとって重要性の高いマーケティングを実践するための手法は多くありますが、いずれの手法においてもデータ分析を行うことは欠かせません。

何から始めたらいいか分からない、もっと効率の良いマーケティング施策を実施したいなど、お困りごとがありましたら、まずはCCCマーケティングまで一度ご相談ください。

CCCマーケティングのソリューションはこちら

CCCマーケティングのデータはこちら(Tableau Publicへ遷移します)

※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++