DMPとは?メリット・デメリットや運用方法などについて解説

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

「DMP」を、ご存知でしょうか?

DMPとはマーケティング活動をより効果的・効率的にするために非常に役立つ存在です。
活用することで、生活者のニーズに即したアプローチが実現できることは大きな魅力と言えます。

そこで今回は、DMPの導入を検討されている企業のみなさまに向けて、DMPとは何かという基礎から、メリット・デメリット、活用方法など幅広くご紹介していきます。
 

【目次】
▼DMPとは?種類と仕組みを解説
▼DMPを利用するメリット・デメリット

▼DMPの運用・活用方法
▼DMP導入に向いている企業とは?

 

DMPとは?種類と仕組みを解説

DMPとはインターネット上のデータを一元管理するためのプラットフォームのことです。
「Data Management Platform」の略称で、マーケティングに関連するさまざまなデータを格納し、分析するために役立ちます。

具体的には、問い合わせデータやWebサイトのログデータなどを管理・分析することで、生活者を趣味・志向・検討フェーズなどにセグメントし、最終的に広告配信やキャンペーンメールの配信など、最適なアクションプランを実現するために活用するプラットフォームのことを指します。
DMPの種類によっては、上記のような自社独自のマーケティングデータと外部データを組み合わせて活用することも可能です。

DMPとは取り扱うデータの種類ごとに2種類に分けられ、それぞれの特徴と仕組みは次のとおりです。
 

オープンDMPの特徴と仕組み

「オープンDMP」とは自他含めたWebサイト上での行動履歴や、生活者の興味・関心など第三者データを格納するプラットフォームのことを指します。

自社が保有しているデータではなく、データ提供企業が保有しているデータを格納するためクラウド型が一般的であり、自社だけでは得られない属性のデータを得ることができます。
 

プライベートDMPの特徴と仕組み

「プライベートDMP」とは自社で保有するマーケティングデータと外部データを組み合わせ、格納するプラットフォームのことです。

自社における取引履歴や会員登録データ、自サイト内での行動履歴など、企業が独自に保有するデータと外部データを組み合わせたデータの両方を格納するため、オープンDMPより幅が狭く、深度が増したデータを取り扱います。

 

DMPを利用するメリット・デメリット

企業さまにとってDMPを利用するメリットとデメリットについて見ていきましょう。
DMPとはマーケティング成功に役立つ貴重なデータを管理・分析できるプラットフォームですが、メリットばかりではなくデメリットもあるので、導入を検討されているなら両方を把握しておくことが大切です。
 

DMPを利用するメリット

DMPを利用するメリットとは、効率の良いマーケティングが可能になることです。具体的には次のようなメリットがあります。

・大量のデータをスムーズに管理できるようになる
・データを一元管理でき運用がしやすくなる
・データ活用によってターゲットとなる生活者が明確になる
・生活者の反応を検証することでPCDAサイクルの確立に役立つ

DMPを利用すれば、膨大な量のデータも一元管理できるようになり、運用や管理がしやすくなるでしょう。
また、格納されたデータを分析することにより、生活者の興味・関心の把握にも役立つので、ターゲティングが明確にできるようになるメリットも期待できます。

そして生活者の動きを把握することは、施策の効果を検証するためにも役立ちます。施策に対して生活者が示した反応を検証すれば施策の効果を知ることができ、その後の改善策も立てやすくなります。

DMPを利用することによって、データ管理のしやすさやターゲティングの明確性、PCDAサイクルの確立などマーケティング全般においてメリットがあります。
 

DMPを利用するデメリット

メリットが多いDMPですが、利用する際にはデメリットも合わせて確認することをおすすめします。主にデメリットだと考えられるポイントは次のとおりです。

・外部データの質が低いケースがある
・導入・運用にコストが必要となる
・データの管理体制を整備する必要がある

DMPとは外部データも利用できるプラットフォームですが、外部データは非公開であるため質を見極めることが困難です。自社のマーケティングに役立つ精度の高いデータでなければ利用するメリットが薄くなってしまいます。

また、導入や運用のためにコストがかかることも事実です。データ管理体制を整備するために主観部門を据えたり、責任者を雇用するなどの必要が出てきて、社内体制を整えるためにコストがかかることもあるでしょう。

ただし、品質の高いデータを活用できれば今まで以上に効率よく、効果的なマーケティングが実現できるようになる可能性が高いので、導入・運用・社内体制整備にかかるコストと導入後のマーケティングの効率を考えれば採算が取れるケースが多いと考えられます。

 

DMPの運用・活用方法

では実際にはどのように運用・活用するのでしょうか。方法について3つのステップからご紹介します。
 

ステップ1 生活者のデータを収集する

運用・管理の基本となるステップは、DMPによるデータ収集です。生活者の属性情報や購買履歴、行動傾向、Webサイトのアクセス履歴など、生活者に関連するさまざまなデータを収集します。
 

ステップ2 収集したデータを管理・分析する

収集した生活者のデータをDMPで一元管理し、分析するステップです。

多種多様な生活者のデータを分析することで、セグメントごとの購買傾向や潜在的ニーズなどが見えてくることも多く、実際のマーケティングに活用できる要素を多く見つけられるでしょう。

また、外部データを分析することで、自社が保有するデータだけでは難しい第三者的な分析も可能となるので、今までとは違う視点からマーケティング施策を検討できるなど、分析の幅が広がります。
 

ステップ3 管理・分析したデータをマーケティング施策に活用する

DMPで管理・分析したデータを、実際のマーケティング施策に活用するステップです。
収集・分析したデータの種類や商品・サービスにより適した施策は異なりますが、例えば次のような施策に繋げることができます。

潜在的ニーズを抱く生活者に対する広告配信

Webサイトの回遊ログから生活者が抱える潜在的ニーズを読み取り、セグメントごとの広告配信をするマーケティング施策です。よりニーズに即した広告を配信できるようになります。

例えば、雑貨を販売したい場合、旅行関連サイトの閲覧履歴が多い生活者に対しては旅行に役立つ雑貨の広告を、園芸関連サイトの閲覧履歴が多い生活者には植物をインテリアとして楽しめるバスケットやおしゃれな園芸グッズの広告を配信するなどが挙げられます。

分析で生活者のニーズを把握し、セグメントごとに目を引く広告を配信することで、広告からのさらなる流入やコンバージョンが見込めます。

生活者の検討フェーズごとに異なるメールを配信

生活者の検討フェーズごとに内容の異なるメールを配信するというアプローチも行えます。
例えば、Webサイトへの訪問がなくなった生活者、会員登録をした生活者、問い合わせ済みの生活者、実際に商品・サービスを購入した消費者の4パターンでは、配信するメールの内容を変えたほうが実際の購買につながりやすいでしょう。

DMPとはデータを管理・分析することにより、生活者の検討フェーズも把握しやすくなることも特徴のひとつです。状況に応じたアプローチでより効果的なプロモーションが実施できます。

関連記事:メルマガ集客のコツとは?戦略的プロモーションで広告効果を上げる
 

アクションを起こす可能性が高い生活者に対する通知

商品・サービスの購買確率が高い生活者に対し、Webサイト上でプッシュ通知を出すというアプローチ方法も考えられます。例えば、ひとつ前の項目でご紹介した検討フェーズで、具体的な問い合わせを行っていたり、何度もサイトを訪問していたりする生活者に対して行うと効果的です。

ニーズが顕在化していない場合、プッシュ通知でサイト離脱にいたってしまう場合もありますが、DMPのデータ分析でニーズが顕在化している生活者を見極められれば購買意欲をさらに高めるためのアプローチとなるでしょう。

 

DMP導入に向いている企業とは?

DMPを導入することで大きなメリットを得られると考えられる企業のみささまの特徴をまとめました。次のような特徴に該当する場合は、DMPの導入をおすすめします。
 

生活者に適したアプローチを行ってファンを増やしたい

生活者の志向に即したアプローチを行って、ファンを増やしたい、定着させたいと考えている企業のみなさまにはDMPをおすすめします。

活用・運用方法でご紹介したように、DMPを利用することで、データ分析により個々人の趣味・志向に合った広告やメールを配信できるようになります。

自分の趣味・志向に合った商品・サービスを提案してもらえることは生活者にとって嬉しいことです。また、提案されることでニーズを抱く商品・サービスを入手できる機会が増えることも、生活者にとっては嬉しいことでしょう。企業さまは販売機会を逃さず、ファンを獲得でき、生活者にとっては満足度が高まるという好循環が生まれます。
 

取扱商品数・ブランド数・トラフィックが多い

取り扱っている商品数やブランド数が豊富で、サイトへのトラフィックが多い企業さまなら、DMPを利用することで生活者へのアプローチがより効率的になるでしょう。

取扱商品が多く、たくさんのトラフィックがあるということは、それだけ様々な層の生活者がWebサイトに訪れていることになります。得られた内部データの量が多ければ、DMPによるデータの一元管理と分析によるメリットがより感じられるようになると考えられます。
 

DMPを各部署で共有・意識統一が行える

データを管理し、データ分析により得られた結果からマーケティング施策を立案・実施するためには、社内でのDMPに対する意識の統一が必要です。

データ管理とマーケティングは別の部署で行われているという企業さまも多いかもしれません。施策を立案する部署と、実際にマーケティングを実施する部署が別ということもあるかと思います。

DMPを有効に活用するためには、それぞれの部署が連携を取れる状態であることが理想的です。そのため、各部署で意識を統一し、ひとつの目標に向かってDMPを活用できる体制が整えられる企業さまに適しています。

 

CCCマーケティングで実現可能なデータマーケティング

DMPを有効に活用するためには、CCCマーケティングのデータ活用がおすすめです。

CCCマーケティングの強みは、7,000万人を超えるT会員のアクティブデータから真のユーザーニーズを探れることです。T会員は直近1年以内にTカードを利用した会員のみを対象としていますので、7,000万人がアクティブと言えます。

Tカードは多種多様な提携企業で利用できるため、自社が販売したい商品・サービスに対するニーズを持つユーザーが、他のどのようなことに興味・関心を示しているのか、顧客の志向を詳細に把握することも可能です。

データを活用し、ピンポイントのマーケティング施策を実施することで効率的に売上アップができるようなサービスを提供しています。

ターゲットとなる生活者には、サンプリングやEメールの配信、Tポイントキャンペーンをフックにした購買行動促進などのアプローチを行い購買へとつなげます。施策実施後は効果の検証も実施し、マーケティング活動を一貫してサポートいたします。

 

DMPとはマーケティングの効率化に欠かせない存在

内部・外部データを一元管理し、データ活用によって生活者のニーズに即したアプローチを実施できるようになるDMPとは、効率的なマーケティングを行う上で欠かせない存在だと言えます。

セグメントごとに最も効果的だと考えられるアプローチが行えることは、マーケティングを成功させるための大きなメリットです。ただし、導入するためにはデータ管理のための社内体制を整える必要があり、コストがかかるというデメリットもあります。

DMPを導入したいけれど何から始めたら良いか分からない、外部データとの連携をもっと強化したい、などのお悩みがある企業さまは、ぜひ一度CCCマーケティングにご相談ください。

 

※CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++