メルマガはファンを増やす最良のツール!? 効果的な配信方法や形式を紹介!

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

メルマガは、ユーザーに対して商品やサービスの情報を伝える手段として効果的なツールとしてよく使われています。
特にTo C向けのメルマガは、企業がユーザーに対して直接情報を発信できる方法として、再び注目されているのです。

しかし、効果的なメルマガを実施するためには目的とターゲットを明確にする必要があるため、ただメルマガを送るだけでは期待通りの効果は見込めません。
この記事では、メルマガの基本知識をはじめ、メルマガを使ってユーザーに情報を届ける効果的な配信方法や形式を詳しくご紹介していきます。
 

【目次】
メルマガとは、ユーザーへ情報を届けるツール
▼メルマガを配信するターゲットをしっかり決める
▼メルマガの作り方や書き方を工夫しよう
▼読まれにくいメルマガとは? 

メルマガとは、ユーザーへ情報を届けるツール

メルマガとは、メールマガジンの略で、定期的なメールによってユーザーへ情報を届けるツールです。
SNSなどが登場する以前からあるメッセージツールでもあり、企業のメールマーケティングにも幅広く活用されています。

特にTo C向けのメルマガは、すでに関心のあるユーザーへ情報を届けることができるので、新商品やキャンペーン情報の発信に向いています
ただし内容によっては読み飛ばされてしまったり、削除されてしまったりすることもあるため、効果を出すためには工夫が必要です。

メルマガを配信するターゲットをしっかり決める

メルマガを配信する際には、最初にターゲットをしっかりと決める必要があります。
ターゲットを決める際には、「何のために」だけでなく「誰に」メルマガを配信するのか、セグメントをかけることでよりアプローチの精度が高まります。

ターゲット設定に必要な情報を集める

メルマガのターゲット設定は、大きく分けて以下の2種類の情報に基づいて行うことが多いです。

●年齢、性別、住所などのパーソナルに関わる情報
●購入日、購入金額などの消費行動に関わる情報

一見すると上記の情報はメルマガにあまり関係ないようにも思えますが、ターゲットのライフスタイルや年齢層、興味関心を探る上で重要です。

ターゲットをグループにまとめてリスト化する

ターゲット設定に必要な情報を集めたら、目的に合わせてグループ化してリストを作成することでターゲットを絞りやすくなります。
グループの分け方とリスト化は以下の3つがおすすめです。


①これから繋がりを作っていく方
配信目的:啓蒙(情報提供・理解の促進)をする

②これまでも関係性がある方
配信目的:販売促進(販促)をする

③これからより強い関係性を作っていきたい方
配信目的:新規のファンを獲得する


リストを作成した後は、それぞれの目的に合わせてメルマガを配信していきます。

メルマガで狙った効果を出すために配信結果をPDCAする

メルマガを配信する際には最初から細かくグループ分けしていくことも可能です。
細かいグループに分けて運用することで、特定商品の販売促進やファン化などをしやすくなります。
しかし、初めから精度の高いリストを作成するのは難しいので、何度かメルマガを配信して調整を行う必要があります

セグメントごとにターゲットを分けておけば、メルマガを配信した後に配信データを基に分析を行うことができます。その結果、PDCA型のプロモーションが可能になるため、検証しながらリストの再編成・精査を行うことができるのです。

メルマガの作り方や書き方を工夫しよう

メルマガの開封率や読了率を上げるためには、ユーザーに読んでもらうための作り方や書き方を意識することが大切です。

例えば、PCで読む前提なのか、スマートフォンで読む前提なのかを設定して全体の長さや改行を変える必要があります。
そのほかにも、メルマガを読んでもらうための様々な工夫の仕方がありますので、詳しくご紹介していきます。

興味を持たれるためのポイントは「件名」

メルマガの開封率を上げるために大切なのが「件名」の付け方です。
件名は、ユーザーがメルマガでまず目にする部分であり、魅力的な件名を付けてあげることで、自然と本文に興味を持ってもらえるようになります。

魅力的な件名には、「期間限定キャンペーン」「具体的な割引情報」など、ユーザーにとってメリットのある情報を打ち出すことが効果的です。

読まれやすいメルマガの構成

メルマガの読了率を上げるためには、本文の構成が重要なポイントとなります。
ユーザーが本文を読んだとき、長すぎたり内容が分かりづらかったりすると、せっかく開封されても購入など次のアクションには繋がりません。

そのため、

●1回のメルマガに様々なテーマを盛り込まずワンテーマにする
●冒頭に続きを読みたくなるようなフックを入れる
●長くなる場合は適宜見出しを入れる

といった工夫をして、メルマガを作ると読んでもらいやすくなります。

また、メルマガの形式としては大きく分けると以下の2種類があります。


<メルマガの形式>
①画像を取り入れてぱっと見た時のインパクトを出すHTML形式
②本文が文字のみでメールの容量が小さいテキスト形式
 


それぞれのメルマガを使い分けて配信すれば、情報を伝えやすくなります。

①画像を使ってインパクトを出すならHTML形式

ユーザーに対してインパクトのある情報を伝えたい場合にはHTML形式のメルマガがおすすめです。
HTMLはWEBサイトなどを作る際に使用するプログラムで、これを使ってメルマガを作成することで、画像やデザインの入った情報を発信できます。
HTML形式のメルマガのメリットとデメリットはそれぞれ以下があります。


【メリット】
・WEBサイトと同様にデザインなど作りこめる
・バナーなど目に入りやすいものを使えるので訴求力が大きい
 

【デメリット】
・受け取る側の環境によっては表示されない
 


デメリットとして、受け取る側の環境に左右されてしまう問題がありますが、画像やデザインによって訴求力の高い情報を提供できるメリットがあるため、新商品のPRなどによく使われています。

②シンプルに文章を読んでもらうならテキスト形式

ユーザーに対してしっかりと情報を伝えたい場合には、テキスト形式のメルマガがおすすめです。
通常のメールと同じ形式で配信するメルマガなので、作成に特殊なスキルが必要ないというのもポイントです。

テキスト形式のメルマガのメリットとデメリットはそれぞれ以下があります。


【メリット】
・受け取る側の環境を選ばず確実に表示できる
・通常のメールと同じ感覚で読んでもらえる
 

【デメリット】
・HTML形式よりもインパクトが弱い
 


テキストのみの情報発信になるため、HTML形式の場合と比べてインパクトが弱くなりますが、受け取る側の環境を選ばずに見てもらえるほか、通常のメールと同じように気軽に読んでもらえるというメリットがあります。

読まれにくいメルマガとは?

メルマガは、ユーザーに商品やサービスの情報を伝える手段として効果的なツールですが、読まれにくくなってしまうポイントをおさえずに配信を続けると、最初は開封していたユーザーも離れてしまう可能性があります。

なるべく以下のようなメルマガにならないようチェックしてみてください。


①配信頻度が多すぎる
②長すぎたり改行がなかったりして読みづらい
③内容がユーザーの求めるものと合っていない
 


ここからは具体的にどのようなメルマガが読まれにくいものなのか、詳しくご紹介していきます。

配信頻度が多すぎる

まず、配信頻度が多すぎるメルマガは良くありません。
ユーザーに情報を発信したいという思いから、メルマガの配信が多くなってしまう場合がありますが、数が多すぎるメルマガはユーザーも読み切れず、不快に感じてしまう可能性があります。

また、一般的なメルマガの配信頻度は週に一度程度と言われており、ユーザー層によっては2週間~3週間に一度が良い場合もあります。
最適な頻度はメルマガの内容やユーザーの性質にもよるため、テストしながら既読率を調査することが大切です

長すぎたり改行がなかったりして読みづらい

文章やメルマガ全体が長すぎる、読みづらいことも離脱されてしまうポイントです。
長すぎる文章やメルマガは、ユーザーが途中で読むのを止めてしまうほか、最初から読まれない場合もあります。
改行が入っていないなど、読み手のことを考えていない構成の場合も同様です。

また、1つのメルマガに多くの情報が盛り込まれていることも、全体が読みづらくなる原因となります。
メルマガ1配信に対して1つの情報に絞る、読み手が読みやすい・分かりやすいように本文を作りこむといったことが読みやすいメルマガの第一歩です

内容がユーザーの求めるものと合っていない

ユーザーが求める内容と違うものが配信されていると、そもそもメルマガを読んでもらえません。
ユーザーが求めているのはお得な情報なのか、読みものなのか、知識なのか等の事前リサーチを行い、情報を収集し「目的」と「ターゲット」を定めて配信を行うようにすることが大切です。

配信後もPDCAサイクルを回しながら、ターゲットの精度を高めていくことで、よりニーズに即した配信内容になっていきます。
事前のターゲット設定や、効果検証などを行っていくことがメルマガを効果的に配信するための重要なポイントになります。

ユーザーニーズに合ったメルマガで販売促進やファンを増やそう

メルマガの基本知識や効果的な作り方、配信方法について詳しく解説してきました。
メールを配信するだけということもあり、ユーザーに対して手軽なアプローチ方法として見られているメルマガですが、効果的に使うためには事前のマーケティングが大切です。
特にユーザーのターゲット設定やニーズの絞り込みが重要で、メルマガの効果を左右すると言っても過言ではありません。

CCCマーケティングでは、こうしたターゲット設定やニーズの絞り込みができるメール配信サービスを提供しています。


【DBターゲティングメール】
全国の約1,900万人の「T会員」から基本属性(性別・年齢・地域)やTSUTAYAレンタル履歴、全国・多種多様なTカード提携先の購買履歴からターゲティングし1社独占のメールを配信することができます。セグメントごとの効果もわかるため、PDCA型のプロモーションが可能です。
 

 


【Q&Aメール】
3~5問のアンケートメールを配信し、設問内で商品情報を刷り込みながら回答者の興味・関心を高め、キャンペーンへ誘導します。アンケートを活用し広告表示対象者のスクリーニングをすることができます。また、アンケート完了後のランディングページへの遷移に1ポイントを付与することで、より多くの回答者を誘導することが可能です。
 


どちらも広告主さまの課題や目的に合わせて提供することが可能ですので、メルマガの配信でお悩みの場合には、CCCマーケティングにご相談ください。

CCCマーケティングのメールサービスはこちら 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++