プロモーションを基礎から解説! PRとの違いや知っておきたい方法は?

こんにちは、CCCマーケティングの営業担当です。

「プロモーション」という言葉を聞いて、すぐにその意味を説明することはできますか?マーケティング用語のひとつとして使われていますが、PRと混同されることが多いです。
正しく理解していてもプロモーションにはさまざまな意味があり、説明するのは難しいという方もいらっしゃるかもしれません。

また、プロモーションを成功させるために重要なのが多くの人に知ってもらうこと、つまり「周知」です。そのために便利なサービスもご紹介するので、どのようなプロモーションをしたいかイメージを膨らませてみましょう。

【目次】
プロモーションとはどんな意味?
▼プロモーションとPRの違い
▼プロモーションで知っておきたい4つの方法
▼プロモーションに必要なサービスとは?

プロモーションとはどんな意味?

プロモーションとは、販売促進(販促)や宣伝という意味のある英語「Promotion」を語源としています。広義では、広告・販促・PR・販売を含む総合的な対生活者とのコミュニケーション。狭義では、セールスプロモーション(販促)を意味しています

マーケティングには、「4P」という商品を売るために重要な4つの要素、Product(商品)、Price(金額)、Place(場所)、Promotion(販促)がありますが、プロモーションはそのうちの1つです。

「4P」をすべて組み合わせるプロモーションミックスという考え方も存在します。

プロモーションとPRの違い

プロモーションとPRは混同されがちですが、実際は明確に異なるものです。
「PR」は広義の「プロモーション」の中に含まれます。そもそも、PRとはPublic Relations(パブリックリレーションズ)の略で、企業が生活者と良い関係を築くことを目的とした活動を指します。

狭義の「プロモーション」は、SP=Sales Promotion(販促)を指すためPRとは目的が異なります。
商品を生活者に認知してもらうために行うものが「PR」で、商品を購入してもらうなど行動を起こさせるものが「SP」というイメージです。

プロモーションで知っておきたい4つの方法

プロモーションの代表的な方法についてご紹介していきますが、ここでは狭義である販促という意味でのセールスプロモーションとします。
更に、販促も①生活者向け、②流通チャネル向け、③社内向けに分けることができますが、今回ご紹介する方法は①生活者向けを前提に解説していきます。

今回ご紹介する手法は以下の4つです。
 


 <プロモーションの方法>
  ①試用手法
  ②プレミアム手法
  ③プライス手法
  ④制度手法
 

 

プロモーションの方法①試用手法

まず、最初に紹介するプロモーションの方法は、「試用手法」です。これは、試供品のサンプリングやデモンストレーション、モニター募集などの方法を指します。
試用手法は、生活者と企業の双方にメリットがあります。生活者は購入する前に商品に触れることができますし、企業は生活者に商品の魅力を実感してもらえるからです。

一方で、コストがかかってしまうというデメリットも。コストを抑えるポイントは、商品の魅力を知ってもらうために、届けたい客層にターゲットを絞って行うことです。

プロモーションの方法②プレミアム手法

2つ目にご紹介するプロモーションの方法は、「プレミアム手法」です。これは、購入者に期間限定プレゼントなど、付加価値を出すことです。
グループの分け方とリスト化は以下の3つがおすすめです。

例えば、1つ購入するともう1つ無料で付いてくる、購入者限定で特典に申し込める、などの付加価値をつける方法で、生活者の購買意欲アップに期待ができます。
新規開拓やリピーター獲得をしやすいというメリットがある一方で、付加価値だけを目当てとする生活者にはリピーターになってもらえない場合があります。

プレミアム手法もコストはかかるので、今後の購入につながるような付加価値になるよう注意することで、リピーターとなってもらえる可能性が高くなります。

プロモーションの方法③プライス手法

続いては、「プライス手法」をご紹介します。これは、タイムセール、バーゲン、キャッシュバック、ポイント還元など金銭的な得を発生させる方法です。

商品の金額が下がっていると、購入のハードルはかなり低くなります。また、期間限定にする事で、いつもの金額では手に入らないものを安価で手にすることができるという満足感も味わってもらうことができます。
いつでもすぐにできるというメリットがある反面、売上の減少や商品などの価値が低下するおそれがあるというデメリットがあります。

プライス手法を行う上での注意点は、値段を下げすぎない、実施頻度を上げすぎないことです。お得な時は購入してもらえますが、通常時には購入してもらえないなどリピーターへと繋がらないことが多いので、リピーターになってもらうための方法も一緒に考える必要があります。

プロモーションの方法④制度手法

最後にご紹介する方法は、「制度手法」です。会員組織や定期的なキャンペーン、メンテナンスサービスなど制度化させる方法で、「5の付く日はポイント2倍」など継続的なプロモーションを行うことで、リピートを期待できます。ただし、マンネリ化しやすいというデメリットがあるので、実施頻度を増やしすぎないこと、キャンペーン対象商品を変えるなどバリエーションを増やすことが重要です。

プロモーションに必要なサービスとは?

4つの手法のプロモーションを紹介してきましたが、いずれも行う際には周知が必ず必要となります。いくら魅力的なプロモーションを行っていても、生活者に知ってもらえなければ意味がありません。
そこで、プロモーションを周知するときに役に立つ、CCCマーケティングが提供するサービスをご紹介します。

プロモーションサービス①郵送・店頭サンプリングサービス

最初にご紹介するサービスは、サンプリングサービスです。TSUTAYAや蔦屋書店などの店頭で行うサンプリングのほか、自宅への郵送サンプリングや提携店舗へ送客する流通購買サンプリング、商品をお試し購入することができるECタイプのサンプリングなどがあります。

相性の良いプロモーションは、試用手法です。CCCマーケティングのサンプリングサービスは、不特定多数対象ではなくTカードの購買履歴や移動情報からセグメントを行い、ターゲットを絞って行えるという特徴があります。

また、商品購入時にはTポイントキャンペーンが実施できるので、更なる購買促進にもつながります。サンプリング実施後には効果の検証まで行い、次回の施策に活用することができるのもこのサービスならではの魅力です。

サンプリングサービスはこちら

プロモーションサービス②DM・メールサービス

続いてご紹介するのは、DM・メールサービスです。プライス手法、プレミアム手法、制度手法を用いたプロモーションを行う際に相性が良いです。

メールサービスには、ターゲットユーザーに商品やキャンペーンの情報を送ることができるDBターゲティングメールと、3~5問のアンケートで興味関心を高めてからキャンペーンページに誘導するQ&Aメールがあります。
配信可能な人数は1,900万人。Tカードの購買履歴などからターゲットのセグメントを行い、1社独占のメールを配信することができるのが特徴です。

メールサービスはこちら

また、DMサービスは、5,500万人のT会員にDMを発送することができます。はがきサイズから大き目の封筒まで、様々な形状に対応しているのも嬉しいポイント。DMで直接自宅に届けるため、サンプル品を同封するといったことも可能です。

DMサービスはこちら

プロモーションサービス③デジタル広告サービス

3つ目にご紹介するのは、Tカードの購買行動や移動情報を利用し、静止画や動画広告を配信するデジタル広告サービスです。

相性の良いプロモーションは、プライス手法、プレミアム手法。スマートフォンを使う時間が多い現代人の目に入る機会が多く、視覚的にアピールしたい内容の場合は魅力的な手段と言えます。

デジタルサービスはこちら

プロモーションサービス④店頭プロモーションサービス

次にご紹介するのは、店頭プロモーションサービスです。イベント型のプロモーションや店頭での即売など幅広いプロモーションが可能です。

渋谷スクランブル交差点目の前に位置する「SHIBUYA TSUTAYA」のスペースを活用したプロモーションや、全国の蔦屋書店店頭で平台を使ってのプロモーションのほか、Tカードを提示した生活者にレシート型のクーポンを発券することもできます。

プライス手法、プレミアム手法を行う場合に相性の良いサービスと言えます。

店頭プロモーションサービスはこちら

プロモーションサービス⑤Tポイントインセンティブサービス

最後にご紹介するのは、キャンペーンやイベントの来場者などにインセンティブとしてTポイントを付与するサービスです。Tポイントの利用状況を分析することで次回の施策に生かすことが可能です。
Tポイントの付与は、U R Lを記載したメールで配布、チケットでの配布と、施策に合わせてお選びいただけます。

プレミアム手法を行う場合に相性の良いサービスです。

Tポイントインセンティブはこちら

プロモーションは周知が成功してこそ成り立つ!

プロモーションとは、狭義ではセールスプロモーション(販促)を意味し、商品を購入してもらう行動を起こさせる目的があります。「PR」は、生活者に商品を認知してもらうことを目的としているため、生活者へのコミュニケーションという広義では同じと言えますが、目的が全く異なります。

生活者に向けたプロモーションには、試用手法、プレミアム手法、プライス手法、制度手法といった方法があります。販売目的や、客層のターゲットに合わせて選ぶと効果が期待できます。

商品の購入へと直接つながるプロモーションを行う上で、周知は最も重要な要素の1つです。ターゲットにしっかりと情報を届け、認知してもらったうえでプロモーションを行いましょう。

プロモーションに興味やお悩みがある場合は、ぜひ一度CCCマーケティングまでご相談ください。

CCCマーケティングのサービスはこちら

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本記事を引用・転載をご希望の方は、事前にこちらからご連絡をお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++