CCCマーケティング株式会社

いろいろな立場でマーケティングが実践できます

毛谷村 剛太郎 / Kotaro Keyamura

CCCマーケティング (株) 企画本部 データベースマーケティング研究所 所長

購買履歴は顧客の声そのもの

1トランザクションが1枚のレシートだとすると、CCCに集まってくるデータは、年間で60 億トランザクションをゆうに越えます。その膨大なすべてのデータを横断的に分析して新しいソリューションを生み出すために研究・開発を行うのが私の仕事です。

データベースマーケティングでのお客様の関心事は、大きく分けると2つに集約されます。1つは顧客理解。自社の商品や競合の商品を購入している人がどんな人なのか、自分たちの顧客について知りたいというものです。そして、もう1つが将来予測です。自社商品を購入してくれそうな人たちを6,000万人のT会員の中から探したい、あるいは自社顧客の中から他社にスイッチしそうな人を見つけたいなど。

そうしたクライアントや提携先企業様のニーズに応えるために、データベースのソリューションを作るわけです。購買履歴というのは、顧客の声そのものだと思うんです。リサーチをかけることなく多種多様な生活シーンでの顧客の声が集まる場所、それがTポイントのデータベースであり、その声を読み解いてT会員一人ひとりのライフスタイルにマッチしたおトクで魅力的な生活提案を行うのが私たちの仕事でもあります。

分析は手段、データで何をしたいかが大事

最近、AIやそれを構築するためのさまざまな機械学習技術が注目を集めていますが、そうした技術は、データがあってはじめて活かすことができるものです。そういう意味では、それらの技術研究をやっている方や、データサイエンスの世界に興味ある方々にとってCCCMKの分析環境は非常に恵まれた環境ですし、ぜひとも積極的に参画いただきたいと思ってます。

ただ、忘れてはいけないことは、分析はあくまでも「手段」だということ。我々がデータの分析を行う目的は、あくまでもクライアントや提携先企業様の売上アップであったり、コストの抑制や最適化であるということ。その「目的」を達成するために私たちは様々な分析技術の研究や開発を行っているということなんです。

どんなデータベースのソリューションを作ったら、クライアントや提携先企業様のマーケティング課題にフィットするか、T会員の満足を達成できるか——事業会社の分析部門には常にその視点が求められるということを忘れずにいてもらいたいですね。

諦めない人、失敗を怖れない人に

マーケティングをやりたい人がメーカーに入ったらメーカーのマーケティングしかできませんが、CCCのデータベースがあれば、メーカーや小売業、サービス業からエンドユーザーに至るまでのあらゆる立ち位置でデータの分析を行いマーケティングプランの立案、提案ができます。そうした様々な立場の主体者としてマーケティング活動に参画してみたい人にとって、CCCMKはとても魅力的な会社だと思います。

私の部門でいえば、膨大なデータの解析を通じて、CCCならではのソリューションを生み出すことがミッションですから、失敗がつきもののかなりストレスフルな仕事だと思います。新しいコンセプトやメソッドというのは周囲の理解を得るまでに時間がかかりますし、それが思い通りの成果をあげるとも限らない。そんなストレスやプレッシャーにめげず、自身が打ち立てた仮説を諦めずに何度もチャレンジしていくガッツを持った人にジョインして欲しいですね。

CCCは失敗に寛容な会社です。これまで数多くの失敗を繰り返してきた私が言うのですから、間違いないと思います(笑)

毛谷村 剛太郎
大学院卒業後、出版社にて出版営業、EC事業の立上げに従事。
ビジネススクールでの助手や、主任研究員として産学協同プロジェクトを多数手がけたのち、2010年入社。