Topics
Topics
お知らせ
ニュースリリース
2021.07.05
【TVCMのプランニング・バイイング・検証までワンストップ!】CCCマーケティング、TVCM枠の販売を開始

【TVCMのプランニング・バイイング・検証までワンストップ!】
CCCマーケティング、TVCM枠の販売を開始


ユニークデータ※1をもとにマーケティング・ソリューション事業を展開するCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、全国の広告主や広告会社のみなさまに向けて、2021年7月よりTVCM枠の販売代理業を開始し、7,000万人を超えるT会員の購買データと日本全国約45万人のテレビ視聴データが連携したマーケティングデータ※2で、プランニング・バイイング・検証が一気通貫で叶うTVCM枠の販売を開始いたしましたことを、お知らせいたします。

CCCマーケティングはこれまで、7,000万人を超えるT会員の購買データと日本全国約45万人のテレビ視聴データが連携したマーケティングデータを元に、企業のみなさまの課題分析からターゲット設定、デジタル広告や郵送型DMなどのプロモーション媒体におけるメディアプランニング、効果検証に至るまで一気通貫したマーケティングサポートを提供してまいりました。

TVCMの出稿においては、広告主、広告会社およびテレビ局のみなさまに向けて、効果が最適な番組の組み合わせを比較・発見できる出稿分析ツール「MKW Program Optimizer※3」の提供や、ニューノーマル時代におけるTVCMのコミュニケーション方法を考えるオンラインセミナーを実施するなど、さまざまな企業のマーケティング活動に寄与してまいりました。

このたび、広告主や広告会社のみなさまからの幅広いご要望にお応えするべく、TVCM枠の販売を開始したことにより、最適な枠へ最適な量を出稿するプランニング・バイイング・効果検証が一気通貫で叶う「循環型のTVCMマーケティング」を提供いたします。具体的には、SAS(Smart Ad Sales)で販売されるTVCM枠にユニークデータを連携することで、デモグラフィックでは出来なかった詳細なマーケティングターゲットに対するリーチ、一人当たりFQ(フリクエンシー)、リーチ効率(CPM)、imp単価など多様なKPIを基に最適な組合せ枠を設計の上、販売いたします。

加えて、ニューノーマル時代における生活者の行動の変化により、デジタル広告などの併用がより求められる昨今、CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携※3することで、さらなる投資対効果を期待できるクロスメディアのマーケティングプランニングも可能です。Tポイントの購買履歴データを基に、「デジタル広告やTVCM接触者が自社ブランド商品を実際に店舗で購買したかどうか」という購買効果を可視化できる本サービスは、これまでにない循環型マーケティングの誕生と考えています。

 

CCCマーケティングは、「ユニークデータを解決力に。」をキーメッセージに掲げ、生活者からお預かりした大切で多種多様なデータをもとに、テクノロジーと対話力と提案力で、さまざまな企業のみなさまの課題を解決するカンパニーを目指してまいります。

【「循環型のTVCMマーケティング」の概要】

①出稿プランニング
・可能なセグメント:購買経験者を始め、1歳刻みからの性別年代、その他基本的なデモグラフィック(子持ち、自動車保有、世帯年収等)など広告主目線のセグメント設定が可能
・評価指標:リーチ率、リーチ人口、FQ、imp単価など
・クロスメディア評価:CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと、上記セグメントや評価指標で連携が可能(https://www.cccmk.co.jp/services

②バイイング(販売代理)
・対象エリアおよびTV局:関東民放5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)
※中京・関西エリアも今後拡大予定
・方式:SAS(Smart Ad Sales)を採用。 
※従来の番組提供(タイム)やGRP購入(スポット)と異なり、「15秒CMを1本単位」で購入できる新たなバイイング手法

③効果検証
・購買行動の検証:7,000万人をこえるT会員の購買トランザクションとテレビ視聴データがシングル
ソースで繋がる大規模なデータベースを用いて、マーケティングターゲットにおけるTVCM放映後の購買行動を検証
※その他、さまざまなご要望に沿ったメニュー提供も行っています。

※1 ユニークデータとは、7000万以上のシングルID、年間50億件以上の購買トランザクション、20万店舗のネットワークで扱われる60億種類の商品データ、300項目からなる顧客DNAのペルソナデータ、オフライン・オンライン上の移動・行動データやメディア接触データ、またCCCMKグループオリジナルのエンハンスデータなどを指します。

※2 個人を識別できないように統計加工処理を行った2021年5月末現在の数字です。

※3 関東・中京・関西エリアの25万人のTV視聴データと購買データが連携したマーケティングデータを活用し、様々なマーケティングターゲットへの効果が最適な番組組み合わせを比較・発見できる分析ツールです。
https://www.ccc.co.jp/news/2020/20201110_001965.html

※4  各メディアとのデータ連携に際しては、各メディアのポリシーにも準拠した上で加工を行い、広告配信に必要な範囲においてのみデータ連携を行います。 

※お客さまのプライバシーに配慮をしたうえで取り組みを行っております。お客さま情報のお取り扱いに関する詳細はこちら(https://www.ccc.co.jp/customer_management/)をご覧ください。


【報道関係者からのお問い合わせ】
CCCマーケティング株式会社 広報:中川
TEL:03-6800-4464

【営業に関するお問い合わせ】
CCCマーケティング株式会社
メディアエージェンシーユニット
MAIL:mediaagency@ccc.co.jp